ダビンチ工房 製作記録

築50年の家のリフォームの機会に家、庭、家具でやっている事を書いていきます。

小さなディスプレイ本棚

小さいけれど表紙をディスプレイして保管できる本棚を、以前製作しました。

この度、お隣さんからもうちょっと濃い色で、少しコンパクト、かつキャスター付きのモノの製作を依頼されました。

 

自分用でないのを作るのは初めてなので、細部の仕上がり、ネジの頭が見えない配慮など、今まで以上に注意して製作しました。

一番苦労したのは濃い目の塗装色の出した方です。最初はビンテージ風味が出ると言うワックスを塗りましたが、全然色がのりませんでした。そこで、オイルステインのウォルナット色を塗装して、なんとかしっかりとさ出来ました。

移動しやすいように、キャスターを付けていま

左が前回、右が今回です。す。f:id:Da_Vinci_Studio:20221125190048j:imagef:id:Da_Vinci_Studio:20221125190052j:image

キャスター付きです。

f:id:Da_Vinci_Studio:20221125190059j:image

内部構造。出来るだけ組み付けがズレ無いよう、ボルトが表面から見えない様に配慮しています。これを考えるのに結構時間がかかりました。

f:id:Da_Vinci_Studio:20221126164303j:image

太陽エネルギーによる暖房検討

今はソーラーパネルで発電するのが主流ですが、発電してからそれを熱に変えるのは相当効率が悪いし、お金もかかります。

昔流行っていた温水ヒーターの様に、太陽光で温水を熱くする技術は進んできますが、なぜかDIY的なスタディされているだけです。

太陽熱の利用

https://ks-mr.net/?p=47

比熱からいって水を温めるのが合理的な様ですが、ゼロから作るのはやはり費用がかかります。

そこで我が家の対策です。

我が家では窓を透過性の良い断熱窓にして、太陽光線が冬は部屋の奥まで入る様にしています。ロールカーテンをフルオープンにすると、天気が良ければ部屋の奥まで温まります。

f:id:Da_Vinci_Studio:20221122125223j:image

昼間は外気温が20℃の時に床付近の温度は29℃まで上がっていました。コレを使わない手はないですね。
f:id:Da_Vinci_Studio:20221122125227j:image

外気温が下がってきたらカーテンを床までしっかり閉めると言う、大変当たり前のことをする事で、暖房コストを下げることが出来そうです。

ロールカーテンを遮光タイプにするとスキマからの冷気が入りにくくなるのでしょうね。

 

当面この当たり前の方法を実践する予定です。

 

 

 

パター練習シュミレーター EXPUTT導入

このところゴルフ関係の投稿が続いていますが、今日はパターのシュミレーターについて書きます。

ほぼ全てのゴルフの上手い方から、ゴルフはアプローチとパターだよと聞きます。だからコースへどんどん行きなさいと。
とは言え、余裕の無い一般ピープルは、そうそうコースへは行けません。
そこで、私は中距離のパター練習が出来るシュミレーター、EXPUTTを購入してみました。

使ってみた感想としては、15mまでの中距離の練習が出来るのはありがたい。しかし、正直毎回ログインするのは面倒と言うのと、左右方向の精度がやや甘いと思います。

そこで、普段はログイン無しで練習できるように周囲をボールが転がりでないように囲い、ボールを3個入れて玉突きの様な遊びをして方向性の精度を上げ、時々ログインしてシミュレーションできる様にしています。

床も水平を水準器で出しました。
スイングの練習機器に併設して、省スペース化しています。

これでパターも良くなると良いのですが。

購入したのは下記商品です。


駐車場のゴルフ練習場アップデート

f:id:Da_Vinci_Studio:20221120141547j:image

昨日製作した駐車場の練習場でアイアン、ドライバーを試打してみました。

ドライバースイングは、渋野選手同等のスイングをしたら70mmのスキがある計画です。試しに安全のために発泡スチロールのボールを打って、つい前を見ると、ヘッドが天井と衝突!そう言えば、前を向くのが早過ぎると良く言われます。前傾キープで振り抜けば、スイングに支障はありません。しかし、念のため天井のぶつかりそうな所に緩衝材を貼ることとします。

アプローチショットは、ダフったり、トップせずに打つのは、実践さながらに難しい。つまり練習用としてはOKです。クルマを傍に避けるだけで練習できるようにネットをずらしました。

f:id:Da_Vinci_Studio:20221120135220j:image

これはずらす前です。
f:id:Da_Vinci_Studio:20221120135224j:image

 

 

駐車場のゴルフ練習場製作

この前、部屋でゴルフスイングの手の軌跡の3Dガイドをつくりましたが、やはり実際のボールを日常的に打ちたいと言う事で、屋根付き駐車場に練習用の設備を設定する事にしました。

高さが230センチ(通常250センチ以上推奨)しかないので、諦めていましたが、渋野選手の水平的なスイングなら出来るのではと思い出したわけです。なお、庭は薔薇が増えてきて、クラブを振る余地は無くなってきました。

これが本日の状態です。

f:id:Da_Vinci_Studio:20221118175306j:imagef:id:Da_Vinci_Studio:20221118175311j:image

試しにドライバーショットを発泡スチロールのボールで試してみたら、ヘッドが天井に貼ったをかすめました。

古いクラブなのでいいのですが、ちょっと厳しいようです。アイアン、ユーティリティなら実際のボールを打てそうです。

使ったネットはAmazonのこちらです。

f:id:Da_Vinci_Studio:20221119011840j:image

アプローチ練習で的を狙うと、なかぬか難しくいい感じです。

上手くなりますように!

ゴルフスイングガイドで練習してみました

以前掲載した、ゴルフスイングガイドなるものを使って、手の軌跡が何処を通るべきかを3次元的に理解した上で、ゴルフの練習場へ行って上手くいくか実験してみました。シニアなので相当前頭葉で考えないと自然には上手くなれませんから。スイングガイド記事は下記標題の少し前の記事です。

リンクが上手く貼れたかな?

 

https://da-vinci-studio.hatenablog.jp/entry/2022/10/28/%E3%82%B4%E3%83%AB%E3%83%95_%E6%B8%8B%E9%87%8E%E9%81%B8%E6%89%8B%E3%81%AE%E6%89%8B%E3%81%AE%E8%BB%8C%E8%B7%A1%E3%82%92%E4%BD%9C%E3%81%A3%E3%81%A6%E3%81%BF%E3%81%9F

ガイドを使った練習スイングです。

https://youtube.com/shorts/P7iyygIwdqs?feature=share

目論見と違って(笑)瞬時には上手くなりませんでしたが、直すイメージが分かりました。

スイングする軌跡が、本来あるべき所よりも10センチ位前方でした!それとアウトサイドイン。これはTOPの位置が十分背後にで取れてないせいに起因する思いますし、ボールを打つ時の右肘の角度の癖になっているためと思います。スイング軌跡を背後側にずらして、少しインサイドアウト方向にすれば良いはずです。

今回はどれくらいのズレか視覚的に確認出来たので、暫く素振りで練習して、再び挑戦してみました。

前回.1回目

ダウンスイング途中

f:id:Da_Vinci_Studio:20221117173619j:image

 

インパク

f:id:Da_Vinci_Studio:20221117173627j:image

あれれ、手が身体から離れて不安定!

これの修正方法がずっと分からなかったんです。手元を引き下げることを一生懸命にやりましたが、出来ないんです。

 

スイングガイドからの反省で、スイング軌跡を後ろにずらしたらいいことに気付きました。少し身体の向きを後方に向けていないと、

スイングがアウトサイドインになるのも分かりました。アドバイスはもらった事がありますが、体感的に分からなかったんです。

上のイメージをもってスイング練習をやってから、練習場で実験してみました。

2回目

ダウンスイング途中

f:id:Da_Vinci_Studio:20221117173426j:image

パッと見同じですが、少し身体に近い。ヘッドが少し背後を通ります。

インパク

f:id:Da_Vinci_Studio:20221117173447j:image

インパクトで肘が身体に付いています。ダウンスイングの出だしがいつもより背後からなので、必然的に手元が近くなると言うロジックです。もっと身体に近づけたいところです。

左手がボールを通り過ぎてからリリースするくらいのタイミングにすると、左肩から手と、ボールは一直線になりますが、身体が回転しているので、背後からみて、もっと身体の近くを通っているやうに出来そうです。

一応フィニッシュも載せておきます。

f:id:Da_Vinci_Studio:20221117175633j:image

飛距離はキャリーで約230ヤードです。野望はもっと飛ばしたいですが、まずはこれ位で安定させないとね。

動画です。

https://youtube.com/shorts/lHsxvyblXEs?feature=share

インパクト後の課題、まだ微妙にスライス気味、も見えてきましたが、この顛末は後日書きますね。

 

 

 

ポイ活サイト ハピタスの紹介

楽天などで買いものをするとポイントが付きますが、これに追加して1~2%ポイントが余分に付いたり、クレジットカードを新規に作った時のポイントが大幅に付く、お得なサイトが、ハピタスです。

クレジットカードや銀行口座の登録は必要なく、登録は無料なので、デメリットはありません。
私のDIYの師匠、カミヤさんが2014年から使っていて問題がなくメリットがることを紹介してくれて、私も
使い始めたサイトで、ペイペイカードを新規に作った際、3800ポイントが付きました。

購入する際にハピタスを経由して購入するだけです。下記からハピタスに登録するとスタート出来ます。
特にクレジットカードや楽天証券などに入ると大きなポイントがもらえるようです。時期によってこの
ポイントは変わりますので、どうせカードを作るったりする機会があれば、特におすすめです。

hapitas.jp